オークランド国際空港 国際線ターミナル 国内線への乗り換えとフードコート

2017年SFC修行を終えたまやこです

 

 

1月に行ったNZ旅行で訪れたオークランド国際空港の国内線のラウンジの様子を紹介します

 

 

オークランドクライストチャーチ

 

関空からニュージーランド航空 ビジネスプレミアに乗ってニュージーランドオークランド国際空港に到着し

 

国内線に乗り換えてクライストチャーチに向かいます

 

オークランドでは一旦スーツケースを受け取り、国際線の受付でクライストチャーチ行きの飛行機に預け変える必要があり

 

国際線と国内線の建物が徒歩で15分程度離れているオークランド国際空港

 

無料のシャトルバスか徒歩で国内線へ移動をします

 

10時間も飛行機に乗っていたので、歩いて移動をすることにし、スーツケースを転がして行きたくはなかったので、スーツケースだけ国際線の受付で預け替えをします

 

国際線Aゾーンにある自動機でチェックイン

f:id:mishiyomayako:20170724205952j:plain

 

 

f:id:mishiyomayako:20170724205852j:plain

 

無事、預入完了です

 

↓NZホームページにもこの旨の案内がありました!

オークランドでの乗り継ぎ

オークランド国際空港では簡単にお乗り継ぎいただけます。

国際線から国内線への乗り継ぎ

国際線からニュージーランド航空の国内線にお乗り継ぎのお客様は、Aゾーンのニュージーランド航空国際線チェックインエリアで最終目的地まで手荷物をお預けいただけます。手荷物に手荷物タグが取り付けてあり、搭乗券をお持ちのお客様はBAG DROP(バッグドロップ)カウンターへお進みください。搭乗券や手荷物タグのないお客様は、自動チェックイン機でチェックイン手続き後、BAG DROP(バッグドロップ)カウンターへお進みください。BAG DROP(バッグドロップ)カウンターでは身分証明書の提示が必要ですのでパスポートをお手元にご用意ください。

国際線ターミナル内にて手荷物をお預けになる場合、搭乗する国内線出発時刻の1時間前までにお預けいただく必要がありますのでご注意ください。1時間を切っている場合は、手荷物をお持ちのまま国内線ターミナルに進み、そこで手荷物をお預けください。

国内線から国際線への乗り継ぎ

ニュージーランド航空の国内線(および一部のエアニュージーランドリンク)から国際線にお乗り継ぎのお客様は、ご出発の空港にて最終目的地まで手荷物を預けることができます。オークランド空港に到着後、お預けになった手荷物は自動的に移動されます。

ターミナルの移動

オークランド空港の国内線ターミナルと国際線ターミナルは離れています。ターミナルの出口付近から出発する無料のターミナル送迎バスをご利用ください。朝5時から夜10時半まで15分間隔で運行しています。徒歩で移動する場合の所要時間は約10分です。ターミナルを出て足元の緑の線に沿ってお進みください。

 

 

空港内のフードコートは美味しそうなものばかりで心惹かれます

 

f:id:mishiyomayako:20170724210717j:plain

f:id:mishiyomayako:20170724210741j:plain

 

マックも有りますね

f:id:mishiyomayako:20170724210819j:plain

 

 

ラーメンにうどんも⁉

f:id:mishiyomayako:20170724210843j:plain

寿司まで Σ(・□・;)

 

f:id:mishiyomayako:20170724210907j:plain

f:id:mishiyomayako:20170724210929j:plain

f:id:mishiyomayako:20170724210958j:plain

 

ボリューミーなサンドイッチ

f:id:mishiyomayako:20170724211021j:plain

 

アイスが気になったけど

f:id:mishiyomayako:20170724211045j:plain

ラウンジに行くからここは我慢!

 

 

国内線の移動は簡単で、この緑色のラインに沿って歩いていくと国内線に迷わずに行けるんですよ

 

便利ですね~

f:id:mishiyomayako:20170724210247j:plain

 

f:id:mishiyomayako:20170724210432j:plain

国内線ターミナルに到着!

 

 

 

次はオークランド空港 ニュージーランド航空国内線ラウンジを紹介します

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス