クアラルンプール空港での最悪の思い出

     

          f:id:mishiyomayako:20170807202842j:plain

            我が家の猫① 美猫パトラ♀

 

2017年SFC修行の解脱をしたパート主婦のまやこです

 

修行ロスを埋めるべく、旅行の行き先を検討しているところです

 

夫と二人での2泊3日旅行なので、二人の意見をまとめることが必須なので

行き先が見えてきません

 

私はグアム、シンガポール、あたりが良いのですが

夫はアジア圏が鬼門なのです

その理由は、、、、

 

かれこれ15年近く前の話になるのですが

 

 

海外ミステリーツアー

 

海外ミステリーツアーなるものに参加をしたことがあり

行き先は申し込みの時にはわからず、出発の2週間前くらいに行き先を教えてくれるという行き先不明3泊4日のツアーで、1人4万円足らずだったと記憶しています。

 

とはいっても、出発時刻や帰国時刻、ホテルの特徴(全室オールスイートルーム)などから

行き先がペナン島だという事は分かっていました

 

ペナン島

 

マレーシアにある島です。名古屋からクアラルンプール空港へ行き国内線に乗り換えてペナン島まで飛びます

 

その頃は飛行機が苦手だったので、乗った航空会社も機種も機内食も全く覚えていませんし、画像も残っていません

 

思い返せば2日目のオプション 船上フィッシングとモンキービーチでのバーベキューから異変が起こりました

     f:id:mishiyomayako:20170807205534j:plain

              画像は旅行会社からお借りしました

 

 

バーベキュー後、夫のおなかの具合が悪くなったのです

 

ホテルへの送迎車の道中が長かったと証言してます(笑)

 

翌日は帰国

 

飛行場へ行きクアラルンプール行きの飛行機を待ち、空港でお土産を買おう🎵と思ったところで夫が

 

「お腹が痛い」

 

とトイレ行ってしまいました。大きなスーツケースを2個持っては動けないので夫を待つことにしましたが10分経っても出てこないのです

だんだん搭乗時間が迫ってきて焦る私

何とか夫がトイレから出てきたのですが、まだお腹が痛いらしく

 

クアラルンプールへのフライト中ずっと夫はトイレを独占、座席に座っていた時間はわずか離陸と着陸の時間だけ( ´゚д゚`)エー

 

そして、クアラルンプール空港に何とか到着し、名古屋行きの飛行機に乗るため待合の椅子で横になる夫、気分も悪く、苦しそうです。

 

もし、今そんな状態に出くわしたら、旅行会社に電話をして、フライトを翌日に替えてもらい、クアラルンプールで宿泊の予約をし、病院を探したと思います。

でも、当時はモバイルもスマホも海外ケータイも無く、日本に帰ることしか考えられませんでした。

 

クアラルンプール空港でもトイレに行ったっきり、戻ってこない夫

 

あまりにも長いので、倒れていないかと心配になり、トイレに入る男性につたない英語で

「病気の夫が中にいる」と訴えると「どんな服装だ?」と聞かれ「日本人で、〇〇色のTシャツを着ている」と伝えました、もう必死です

 

ちょうど夫は個室から出てきたところで、「いたよ」と教えてもらいました。ほっとしたことを覚えています

 

具合の悪い夫と名古屋行きの飛行機に乗ることができました。今考えれば、CAさんにその旨を伝えたらよかったと思います。日本人のCAさんがいたかどうかも覚えて居ませんが。

 

このフライト中も夫はほとんどトイレが座席替わり、二人とも機内食を食べられる状態ではありませんでした

 

名古屋に到着して、到着出口を出る前に、中部空港検疫所に行きました

 

生まれて初めての経験です

 

ここでは、問診、検温、診察、検便(確か)が行われたのですが、、、

 

帰宅して、明日病院に行ってくださいとのこと

 

検疫所は病院ではない!

 

帰っていいの~⁉ こんなにひどい下痢と嘔吐だよ!伝染病とかあったらどうするの?

 

てっきり隔離とか、病院の検査があるもんだと思っていたのに!!

 

帰って良いなら、帰るわさ

 

空港からバスに乗り、自宅へ帰った時はほっとしたな~

 

結局、悪い伝染病ではなく、単なる食中毒だったみたい

私も、夫と同じものを食べていたんだけどね、私は大丈夫だった

 

後日、夫は二度とアジア圏の国には行きたくないと語り、夫にとっては忘れることのできない最悪の思い出となり

私は、お土産の一つも買えなかったことがとても残念でした

 

皆さんも、旅行の際には、体調にご留意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス